乳がんは、日本人女性の11人に1人が罹患、誰もがかかりうる病気です。日本女性の壮年層(30~64歳)のがん死亡原因のトップで、年間約1万人の方が命を失っています。

乳がんは乳房にある乳腺にできる悪性腫瘍です。
乳がんは左右の乳房の乳腺にでき、そこから増殖して乳房の外にまで広がります。 そして、リンパや血液の流れに乗って肺や肝臓、骨などの離れた臓器にまで及んでしまう怖い病気なのです。


  • しこりがある
  • 乳頭や乳輪部のただれ
  • 乳房のえくぼ
  • 乳房の痛み
  • 乳頭からの分泌物
  • 皮膚のくぼみや、凹凸感の現れ

早期の乳がんでは自覚症状はほとんどありません。ですから、早期発見のためにも定期的検診が必要なのです。もし上記症状に気づいたら、専門医にすぐ相談しましょう。

乳がんの罹患率は30代後半から急激に増え始め、40代後半から50代前半がピークになります。ただし、若くても、また60歳を過ぎても乳がんにかかる可能性があり、誰もがかかりうる病気と言えます。

先進諸国の乳がん検診率を見ると、欧米や韓国では70%を超えており、アメリカでは実に8割の人が受診しています。しかし、残念ながら日本は30%台にとどまっています。

※乳がん検診の対象年齢は50~69歳、我が国は「2年に1度」の受診が推奨されているため、2009年と2010年の検診受診者数の合計(2年分)に基づく受診率
※資料:OECD Healse Date 2013、June 2013

乳がんは、早期に発見すれば90%の人が治癒すると言われています。


千趣会ではさまざまな形で
ピンクリボン運動を応援しています


10月のピンクリボン月間には、お客様にお届けするお荷物に使用するガムテープを"ピンクリボン仕様"にし、より多くのお客様に乳がん•乳がん検診について意識していただくきっかけづくりをしています。

ピンクリボン運動を行う企業として、社員一人一人も運動を広げていく「ピンクリボン大使」になることを目指して、社内でも啓発活動を行っています。


ピンクリボンプロジェクトは、お客様からの募金や協賛商品の売上の一部からなる「ピンクリボン基金」を基盤に行われています。より多くの方に乳がんを知り、乳がん検診を受けていただけるように活動を進めてまいりますので、ぜひともご協力をお願いいたします。


ベルメゾンネットの
お買い物の際にクリック!

貯まったベルメゾン
ポイントを基金!

今すぐ
参加できる基金!

商品購入で基金に
協力できる!

商品購入で基金に協力できる!


集められた「ピンクリボン基金」は乳がん検診クーポン券発行や、公益財団法人日本対がん協会「乳がんをなくす ほほえみ基金」への寄付などに使用します。